| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
「モテ術」の嘘
 僕は中学・高校と男子校だったせいもあり、「モテる」ということに人一倍敏感でした。まあ結論から言うと、中学・高校ともに一度も恋人など出来ずじまいだった訳ですが、その過程においても、自分なりの涙ぐましい努力はあった訳です。
 で、その経験を踏まえ、ここではっきりと言いましょう。
 世の中で言われてる「モテ術」なんてものは、何の参考にもならないと。
 たとえば、とある雑誌に書いてあった、「女の子二人と話すときは、不細工なほうの目を見て話せ」
なる格言。美人は自分を見られなれているから、あえて不細工のほうばかりを見ることで、美人は逆にときめくし、不細工は不細工でときめく、ということでした。
 まあそれなりに理屈も通ってるので、僕は高校のときに実際これを実践してみました。
 すると。
 まあ美人のほうがときめく、なんてことは普通にありませんでした。「逆にときめく」なんてのは、それを実践した男がイケメンだったときの話なんでしょう。が、話はここでは終わりません。何と、不細工な方にもドン引きされてしまったのです。何を警戒したか、それ以降二人で喋ろうともしません。何よりもひどかったのは、それからしばらくして「みんなで腕相撲をしてみよう」みたいな企画があった時に、そいつは僕との対戦を拒否しやがったのです。こんな汚名があるでしょうか。別に腕つかんだって何もしねえし何も感じねえよ…。
 と、まあこのように、マニュアル男は全くもてないわけです。…が、それに比べて、マニュアル女のなんともてることか!それだけ男の方が単純だということでしょうか。
 次回は、そんなマニュアル女の手口について言及したいと思います(予定)
スポンサーサイト

未分類TB(0) | CM(0) | top↑
パソコンとチョコ
 北京蝶々の早稲田最終公演も無事終わりまして、「CR卒業物語」いよいよ本格始動でございます。とはいえすでに本番まであと一ヵ月半しかない状況で、稽古・作業ともにカツカツでございます。作業に関していえば、メンバーが四人しかいないというのが、スケジュールのきつさにさらに拍車をかけています。
 
     なのですが。

 ただでさえ四人しかいない中から僕は抜けて、作業時間中にシコシコと台本を書いております。
つまり、実質満間・アメリ・原田の三人。いまいち伝わらないかもしれませんが、やるべき作業の量を考えるとこれはもう拷問に等しい状況なのです。

    すまねえ…オラがこんなことやってるばかりに…

 なんて、セルと悟飯を戦わせたときの悟空風に申し訳ながってみましたが、もうこればかりはどうしようもないので、三人を信じて僕は僕のやるべきことをやるのみです。
 さて、そんなこんなで執筆中な僕ですが、そんな自分には欠かせないアイテムが。それは。
 他でもない、チョコレートです。
 特別な集中法もなく、タバコも吸わない自分としては、これがないと集中力が持続できません。もう何か、デスノートの「L」気取ってるみたいで自分でも気持ち悪いんですけど。でも確かに、脳にスーッと糖分が流れてってる感じが分かるんですよね。まあ思い込みかもしれませんが…。
 大体ですが、二時間に一枚は板チョコを食べています。
 せっかくなんで、これを期に色んなチョコを食べ比べてやろうと思い、なるべく買うたびに違うものを買おうとはしています。で、暫定の一位が、森永のダース(ミルク味)です。

       おめでとうダース!!!!

  何か、オチのない話ですいません。逆にすいません。何が逆かって話ですけど。
 とりあえず、台本が落ち着いたらもう少し面白い話をちゃんと載せようと思います。
 

未分類TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。