| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
チャリT企画と、世界第八の不思議
20090308152857
昨日のお昼に、先輩劇団「チャリT企画」の公演を見に下北沢に行きました。いやー、何と言うか後輩が偉そうな事をいえば、劇団から「旬」な匂いがすごくしました。今年はグイグイといくんじゃないでしょうか。
終演後下北沢を満喫し、夜公演の後の打ち上げに参加。劇研大先輩の裕子さんと初めてちゃんとお話できたり、久々に内山さんや伸太朗さんや高見さんとお話したり、楽しい時間を過ごしました。
さて終電だしそろそろ…というころに、チャリT企画主宰でいらっしゃる楢原拓さんが、「俺終電ないんだけどどうすんの」と言い出しました。
ええ、なんだかんだ五年のお付き合いになる僕には分かります。「どうすんの」の裏にある、「次いこう」。ツンデレのはしり、楢原拓。
大好きな楢原さんのこと、断る訳にはいきません。ちょうど同じく飲み会にいたこれまた劇研の先輩三浦さん、そして、いつかお話してみたいとひそかに思っていた「角角ストロガのフ」主宰の角田ルミさんの四人で新宿に繰り出しました。

ルミさんは思っていたとおり、もうすごくポップでキュートで面白い人でした。とあるラーメン屋の前を通過したとき最高の笑顔で
「私ここ好きなのー
でもみんなまずいっていうのー」
とおっしゃっていました。店の扉全開で、店員に超睨まれていましたが…。
さて一同は、そことは別のラーメン屋を経て居酒屋へ(ラーメン屋でもルミさんは、チャーシュー麺を頼みながら、そのチャーシューを全員に配っていました)
その居酒屋ですが、まず楢原さんがソッコーでダウン。そしてそこからは、もう三浦さんの大暴走!!!…ええルミさん、僕もどこまで書いていいのか迷っています。世界の七不思議があるそうですが、三浦さんは第八の不思議ですね。詳細を書けないのが歯痒いですが、「こんな俺に生んでくれた両親に感謝」と、ラッパーみたいな名言をもって始発の時間を迎えたのでした。ちゃんちゃん。
スポンサーサイト

未分類TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。