| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
殺意
僕の家には洗濯機がないので、何日かに一回、洗濯物をまとめてコインランドリーに持って行きます。家から徒歩一分のところなんで、洗っている間全然帰れるんですが、たいてい帰らずにボーッとしています。一服しながらマガジンなんかを読んだりするその時間は、僕の幸せタイムの中でもベスト5くらいには入ってくるのです。
んで先日もその幸せタイムを過ごしていたところ、一人のおばさんが現れて、乾燥機に衣類をぶっこみました。それから何を思ったのか、僕をキッと睨み、乾燥機前の椅子にドカっと腰掛けました。どうやら、「あたいの下着に手え出そうったってそうはいかないよ!」というメッセージのようです。

いやね、そりゃ僕は異性関係が充実してるとはいいがたいですよ。でもだからって、犯罪というリスクをしょってまであなたの下着はとらない…。もしあなたが桜井幸子で、ドラマ「人間・失格」のようにコインランドリーを利用してるなら分からないけど、あなたはむしろ、おばさんであることを差し引いても中の下じゃない。
そこで僕は逆に闘志が燃え上がり、逆にチラチラとおばさんの下着を気にする演技をしてやりました。するとまあ面白いようにおばさんの警戒レベルも上がっていきます。
この勝負、僕は勝ったんでしょうか。誰か教えてください。
スポンサーサイト

未分類TB(0) | CM(1) | top↑
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。