| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
夢ノチカラ
モラルです。
今日は大学の成績発表の日でした。
いい年こいて卒業できないのは非常に心苦しいところですが、必修科目はすべてとり終えたので、来年度こそは確実に行けそうです。

さて、本来ならば今日は劇団の予定があったんですが、なくなったため急遽オフになりました。起きてみたら改めてあまりの部屋の汚さに愕然となったので、部屋を掃除することに。

ですが「ぐうたら癖」が体に染み込んでいて、いざ動こうとしてもなかなか体がいうことを聞いてくれないんですね。「いいじゃん、どうせ誰かが来る部屋じゃないんだから…」もう一人の僕が囁きます。確かにその通り。誰が好き好んで新井薬師まで遊びに来るというんでしょう。このままでは、結局何もしないまま終わってしまう…その時、僕の頭を一冊のマンガがよぎりました。
それは「グラップラー刃牙」。
皆さん知ってますか?グラップラー刃牙。いわゆる格闘マンガで、それも手からビームとか空飛んだりとかそういうSFチックなものではなく、あくまで生身の人間同士が、己の肉体を武器にあらゆる格闘技をもって戦うんです。その中に、主人公の刃牙が想像上のカマキリと戦うというシーンがあるんです。生身の人間に対してはもう敵なしなもんだから、跳躍力やパワーで人間のはるか上を行くカマキリが人間サイズまで巨大化した姿をイメージして、そのイメージと戦うというシーン。もうはっきり言って、jこれだけでも突っ込みどころ満載です。しかもイメージ力を極限まで高めることで、そのカマキリからつけられた傷から実際に血が出たりするんです。
そのシーンを読んだとき僕は、「所詮マンガか…」と完全に馬鹿にしていました。しかし今日、部屋の掃除をするにあたって、突然それを思い出したのです。

「イメージしろ、今日の夜、最近できた可愛い彼女が僕の部屋に初めて遊びに来る。汚い部屋を見せるわけにはいかない…」

 そうです。いもしない恋人を、僕はイメージしたのです。元々イマジネーションは豊かな子なので、ルックスやプロポーションまでイメージしちゃいました。
そして二時間後。僕の部屋は、かつてないまでに綺麗になっていました。トイレや浴槽までばっちりです。布団カバーもカーペットも変えました。
イメージするってすごい。僕は人間の秘められた可能性を、あらためて実感しました。馬鹿にしてごめんなさいグラップラー刃牙。ごめんなさい板垣先生(作者です)。
さて、今からは脚本をば書こうと思います。夜は久々にどっか飲みにいこうかなー。
スポンサーサイト

未分類TB(0) | CM(2) | top↑
<<理想の女性 | Home | 誕生日は終わらない>>
comments
僕の友人はその方法で同志社大学に受かりました。
【2009/03/05 01:23】URL | ヨコイ #-[ EDIT]
>横井氏
うん、何かそれも今なら頷ける気がする。
次はこのパワーをどう使ったものか!
【2009/03/08 15:28】URL | モラル #-[ EDIT]
please comment














Only Admin
trackback
TRACKBACK URL
http://kimazimeseinen.blog114.fc2.com/tb.php/20-24697cc1
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。