| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
嗚呼ブスは悲し
昨日ファミリーレストランで台本を書いていたら、十人くらいの、サークルか何かとおぼしき学生集団がやってきた。
みんなでワイワイと注文するものを決めていく中、その中ではまあイケメンの部類に入るであろう男が、同じグループのブス女に、「○○ちゃん!おごってよ!」と声をかけていた。
はあ?なんで女のアタイが男におごってやらなあかんねん?
そんな返事がでるかなーと期待していたら、なんとブスは頬を赤らめながら、まさかの「えー、どうしよっかなー…」
僕も二十三年生きて来て、それなりに色んな「どうしよっかなー」を見てきたけど、あれは確実にオッケーな流れの「どうしよっかなー」。
そう言われたイケメンは、ダメ押しとばかりに、「じゃあ××の物まねやるから!!」と、もう本当クソみたいな物真似をやり始めた。
てめーふざけんな!表現が金になる瞬間をなめんじゃねえ!
そんな思いで見つめていたら、ブスは「じゃあおごっちゃう!」おーい。
いいんだよ、ブスだからって卑屈にならなくていいんだよ。いいんだよ、無理におごらなくたっていいんだよ。いいんだよいいんだよ、生きてるだけでいいんだよ(夜回り先生)
ブスにつけこむ人、ゆるせません。ダメ、ゼッタイ。
スポンサーサイト

未分類TB(0) | CM(1) | top↑
<<裏口から悲劇は起こる | Home | チャリT企画と、世界第八の不思議>>
comments
ん~。かわいそうに。
イケメンくんもひどいヤツっていうか冗談で言ったつもりがひけなくなっちゃたのかしら。

ブスでもプライドを持たなくちゃ、さらに性格ゆがんじゃうよねぇ。
【2009/03/13 11:18】URL | やすこ #SFo5/nok[ EDIT]
please comment














Only Admin
trackback
TRACKBACK URL
http://kimazimeseinen.blog114.fc2.com/tb.php/24-15267b19
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。