| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
裏口から悲劇は起こる
昨日の深夜にテレビでやっていた映画「アヒルと鴨のコインロッカー」を録画して、今日見た。
元々、伊坂幸太郎の原作がすごく好きなので、どんなもんだろうと思いながらの鑑賞。
いやー…なかなかどうして、かなり面白かった。何と言うか、原作が持つ、「ミステリーなんだけど淡々としてる」雰囲気を上手く出していたと思う。軽妙洒脱で、なおかつ何重にも伏線が張り巡らされた会話も原作のまま。時間の都合上、原作をはしょらなきゃいけない部分があるのは映画の常だけど、はしょり方もよかったと思う。自転車のエピソードなんかは無くてもいいなと原作の時から思ってたし。
キャストだと、瑛太がよかった。イメージから絶対椎名役だと思っていたら、まさかのドルジ役。でもはまってたな。あとは、一瞬だけ出てきた本屋の店員がやたら可愛かった…。
録画してるんで、DVDで見たい方は是非僕まで御一報あれ。
スポンサーサイト

未分類TB(0) | CM(0) | top↑
<<僕の感傷をブスが汚したんだ | Home | 嗚呼ブスは悲し>>
comments
please comment














Only Admin
trackback
TRACKBACK URL
http://kimazimeseinen.blog114.fc2.com/tb.php/25-4f7ef1c4
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。